ダイエット日記

ワンコと共にシンプルに生きる

逃げてみた結果

f:id:wanko_xxx:20210717103951j:plain

f:id:wanko_xxx:20210717104012j:plain

またさらに太りました

もう好きにしろって感じですね

水分中心なので、どうせ落ちます

そう考えると、別に良いかという気になります

 

ダイエットから逃げた結果です

 

逃げる事を覚えたら、あとは楽

あれだけ苦しかったダイエットが楽になりました

逃げる事が正解だったのですね

私は私を追い詰め過ぎていました

ダイエットは孤独な戦いです

それを偉いと思い込み、無理難題な事を押し付けていました

体が悲鳴を上げる訳です

皆さん無理なダイエットはダメです

心が蝕まれます

辛かったら、辞めて良いのです

逃げて良いのです

逃げて後悔したなら、また始めれば良いのす

代謝が、とか年齢がとか、どうでも良いのです

自分に正直になる事

それが一番の近道です

一旦逃げて、視野を広くしましょう

きっと解決策がみつかりますよ

 

今度は立ち向かっています

読みにくい、と感じていた本を読んでいますよ

かがみの孤城

そこで繰り広げられる、人間の心の葛藤

思春期なので、傷つきやすい

脆く儚い心理を的確に書いています

この本が文庫化になったという事は、「ツナグ」シリーズも文庫化するかしら?

ツナグシリーズは最高です

私の読んだ本の中で、ダントツに面白いですね

一生に一度だけ、死者と会話出来る不思議な職業

ツナグ

主人公は大きくなっていると思いますが、一体いくつでしょうね

大学生くらいでしょうか?

早く文庫化してほしいです

待っていますからね

期待していますよ

表紙からすると、キーパーソンであったお婆ちゃんは、死んだのでしょう

映画では樹木希林がやっていました

実写化を観ようかどうかは、少し悩んでいます

当たりハズレが激しいのが、実写化ですから…

 他にも小説で気になるのは、コーヒーが冷めないうちに、です

小説なのですが、映画にもなっていて、人気のある小説ですね

舞台が喫茶店なので、読んでみたいと思いました

映画を観るかどうかは、正直分かりません

最近、喫茶店が舞台の小説にハマっているのですよ

今ではカフェという言い方があるのに、喫茶店と言うのが昭和を感じます

私はカフェを利用する事は、基本的にありませんが…

近所に無いというのも理由の一つですけどね

とにかく気になります

見てみましょうか…?