ダイエット日記

ワンコと共にシンプルに生きる

1日1食生活のススメ

f:id:wanko_xxx:20210821063726j:plain

1日1食生活は素晴らしい

脳内が活性化して、仕事がはかどるはかどる

お腹も空かなくなってきたので、大分慣れたのだと思います

慣れると、食事の時間が面倒になってくる

こんな体験が出来る日が来るなんて、思ってもみませんでした

小デブは元々、1日3食主義でした

朝眠くなるのは朝食が原因だったのですが、寝不足だと勘違い

そのため少しでも多く睡眠を取ろうと、色々と工夫をして時間を作りました

 

朝には身支度をしたら仮眠・昼には休憩時間中は昼寝をしていました

 

全てはインスリンの乱高下だと、知らなかったのです

インスリンの乱高下だと知ったのは、本を読むようになってから

読めば読むほど、朝食が悪者だという事に気づかされました

そして思い切ってファスティングを開始

開始から3日目にして1㎏ダウン

これは良いスタートでした

それから順調に痩せていき、途中から停滞期へ

しかし内臓脂肪レベルの低下は、止まりませんでした

 

BMI指数も肥満レベル2から1へとダウン

 

脅威のダイエットだと確信しました

少々値は張りますが、買う価値はあります

個人的には1日1食ファスティングがオススメ

36時間断食もした事もありましたが、水分の摂り過ぎで逆に増加

無意味だなって思いました

しかしやってみて、脳内はスッキリとしましたよ

ついでにお通じも良かったです

小デブにとって、ファスティング目から鱗でした

運動が正しいと思っていたからです

食った分だけ動くという知識を、先にインプットしたからでしょう

しかし現実は違った

食べない事こそが正しいダイエットなのだと知ったのです

そしてファスティングにおけるメリットを享受したのです

まず睡眠時間が短くなりました

でも眠く無いのです

むしろスッキリした目覚め

1日3食だった時は10時間位寝ないと、寝た気がしませんでした

1日1食になってからは、4時間程度の睡眠時間で目覚めます

目覚めは至って良好

今までなら二度寝が当たり前だったのに、二度寝をしなくなりました

他にもメリットがあります

お通じが良くなった事

酷い時には何時間もトイレに籠っていたのに、今では数分で解放

長くても数十分でトイレから脱出します

あと胃痛が無くなりました

過食状態だったのでしょう

それくらい1日3食は、人間にとって多い食事量なのです

当然小デブが小デブになったのも、1日3食が原因

だから今、減食をして1食へと変更

今では素晴らしい朝を迎えています

1日1食は素晴らしいです

皆様も粗食になってみては如何でしょうか?